東男と京女のトリアーノ家。日常雑記を綴ってます^^;
by tolliano_papan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
お知らせ
京都シルヴプレ
鎌倉シルビアン
横浜シルビアン
東京・デ・プレ
ライフ
料理・お菓子
お弁当
離乳食
ディズニーリゾート
自然
IKEA
コレクション
モーツァルト、モーツァルト
Start Mac
after Start Mac
カメラ・機材・画像加工
EPSON Colorio EP-805
ブログ・カスタマイズ
ブログリンク 3
タグ
(657)
(564)
(134)
(70)
(66)
(22)
(21)
(18)
(18)
(11)
(7)
(1)
●Tolliano Blog
トリアーノ・リーヴ・ゴーシュ
若き日のパパの、ベルサイユでの夏の生活、パリ、ヨーロッパ、中近東などの旅行の思い出を綴ってます。
______________________
Copyright (C) 2006 - 2017 Tolliano
All Rights Reserved.
Not for use without permission.
______________________
●Link
カメラと一緒にパリでお散歩*
プチと一緒にパリでお散歩*
パリの幼稚園のフランス語ノート
パリノコトノハ
パリの歴史探訪ノート
Spice of Life 京の街角
Spice of Life on instagram
youpv on instagram
usuasagi.com
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
more...
最新のコメント
  ★hideさん ..
by tolliano_papan at 22:25
ひょんなとこから ちょ..
by hide_t510 at 15:05
  ★Aquaさん ..
by tolliano_papan at 20:57
トリアーノさん、明けまし..
by Aqua_blueY at 12:36
  ★chocoyan..
by tolliano_papan at 18:04
最新のトラックバック
☆*・”・,☆~Merr..
from *Wonderful Time*
[猫的]クリスマスイヴ
from ヒトは猫のペットである
エプソン・カラリオプリン..
from 月夜のひとりごと
◆EPSONカラリオ・プ..
from 月夜のひとりごと
真っ黒になりました。
from シャシンとノート メモ帳版
お気に入りブログ
うちの食卓 Non so...
ニューヨークの遊び方
「料理と趣味の部屋」
happy *riko*...
こまめちゃんと一緒
KOTOコレ2016
ヨコハマな日々
シャンソン歌手ができあがるまで
PLATTS DAYS
こにくのオーストリアの街...
アンティーク・雑貨・アー...
samanthaの食卓
おいしい写真館
La vie avec ...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
ヒトは猫のペットである
代官山だより♪
DTPサムライのブログ
Snap of 鎌倉
Impressions
食卓の風・・・
Enjoy Brilli...
feel the win...
☆スターフルーツの木の下で☆
M8, M9 & R-D...
*digital sky*
polepole日記
patapon diary
すずちゃんのカメラ!かめ...
ありがとう 人生!~me...
Reon&Roses+Lara
the best shot
くーぽあ・くーぱー不定期便
En Ville qui...
*ちょっとコーヒーでも*
ときどき写真日和
夜空
ぴんく色の空 in Sy...
星日記
Maison de cl...
White Board -♭
Loving*Heart
TeRa Life
Precious*恋するカメラ
o-max style
*情熱大陸*ブラジルの写...
day's photo.
fuu.....nnm....
エクランの撮影日記
EOS-5D DIARY
ゆうゆう時間
hayabusa's p...
ferris wheel...
「ちょこっとピンボケ?」
気分屋 ぷりんせす
No Identity
Peaceful pho...
*Wonderful T...
Coshiのお気楽日常写真
コムスメ * カメラ
Lovepan
Lush Life
MONO STYLE +
Kitchen diary
チャノマ。
SOMETIME BLUES
すきなことしよ
FOTO CYCHEDE...
EURO SNAP
リズムのある暮らし
まねきねこ
ちくりんのお気に入り写真
CABYblog,
スタジオインターフェイス...
BOKEH☆衝動
ego.
Life with Leica
和む由もがな
Kazokunokiroku
フォト語り。 ☆オレと家...
あに☆いもうと
くらしのギャラリーちぐさ
聖那と話そう ぽっかぽか5
Naturopathic...
徒然日誌
KOBE Kitano ...
ほんまか!写真日記
今撮らないとゼッタイ後悔する!
photo diary ...
ポータブル・アニマル P...
H I S H I A ...
月夜のひとりごと
my toypoodle
yoshiphoto
外部リンク
検索
ライフログ
information
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
画像一覧
10月になりました
f0038408_4434767.jpg

 
 
ビートルズ・ファンにとって、今年の10月はスペシャルな10月であります。
2012年10月5日、ビートルズはレコードデビュー50周年を迎えたのでした。

今から50年前、1962年10月5日、
ビートルズ最初のシングル「Love Me Do」が英国で発売されました。
レノン=マッカートニー作のオリジナル曲、プロデュースはジョージ・マーティン。
レコーディングは、ロンドンのEMIスタジオで行われました。
 



f0038408_4441750.jpg

02
ビートルズの最後の録音アルバム「アビイ・ロード」。
デビューシングルをレコーティングしたEMIスタジオは、
ビートルズとアルバム「アビイ・ロード」に敬意を表し、
アビイ・ロード・スタジオと名称を変えたのでした。









f0038408_4445366.jpg

03
ビートルズのオーディションも、このEMIスタジオ(=アビイ・ロード・スタジオ)で行われました。
1962年6月6日、プロデューサーのジョージ・マーティンは、
ビートルズのメンバーに「何か気に入らないことでもある?」と尋ねると、
ジョージ・ハリスンは「あなたのネクタイが気に入らないね」と答えたのもこのスタジオでした。
 
 
1967年6月25日、世界初の同時衛生中継では、
新曲「All You Need Is Love」(愛こそはすべて)が各国に放送されたのもこのスタジオから。
YouTubeでどうぞ↓

● The Beatles - All You Need is Love (HQ)
http://www.youtube.com/watch?v=r4p8qxGbpOk&feature=related










f0038408_4444315.jpg

04
オーディション、そして最初の録音(ラブ・ミー・ドゥ)から、最後の録音(アビイ・ロード)まで、
このEMIスタジオ(=アビイ・ロード・スタジオ)は、
ビートルズとジョージ・マーティンを見守ってきたことになります。
もう感動しちゃいますよね。









f0038408_4445216.jpg

05
「アビイ・ロード」のジャケット撮影は1969年8月8日。
フォトグラファーはジョンの友人イアン・マクミラン。
アビイ・ロードを30分間通行止めにしての撮影でした。
表ジャケットの右側に黒いロンドン警視庁のパトカーが停まっているのは、
交通整理を担当した警察官が乗ってきた車だそうです。

そのパトカーの右にいるのが、
たまたま偶然そこに居合わせた米国人観光客ポール・コール氏。
後日、レコードジャケットを見た奥さんが、コール氏が写っていることを教えてくれたそうです。

この撮影風景を再現したCMムービーでは、
ポール・コール氏の立っていた位置から見えたであろう様子も観ることができます。
YouTubeでどうぞ↓

● The Beatles: Rock Band - Television Commercial
http://www.youtube.com/watch?v=04JlvZZTQOI&feature=player_embedded



イアン・マクミランが撮影したカットのうちアウトテイクスの1枚が、
今年競売にかけられて話題になりました。これがその時の「逆向きのアビイ・ロード」カットです。

● bloomsburyのオークション
http://bloomsburyauctions.com/detail/35919/138.0



ナンバープレートが「IF28」の、あの白いVWビートルも以前競売にかけられましたね。









f0038408_445021.jpg

06
世界的にはあまり知られていませんが、
10月の月表紙の背景用にレタッチした「アビイ・ロード」。
上1/3を適当に継ぎ足してコツコツ作りました。

ちなみに、私の持っている「アビイ・ロード」は米国盤APPLE SO-383で、
英国盤、国内盤とクレジットや色調など微妙に異なります。
今回、ジャケットからレコードまで、この米国盤「アビイ・ロード」を複写しています。

やっぱビートルズは、CDよかレコードがええねん♪









f0038408_4451066.jpg

07
アルバム「アビイ・ロード」発売後、ポール・マッカートニーの死亡説が流れたのも有名な話です。
その発端はイリノイ州立大学の学生新聞「ノーザン・スター」の記事。
これが全米に広がり、またたくうちに世界規模に拡大し、
「LIFE」誌が「ポールはまだ我々といる」という記事を出して、ようやくこの噂は終焉するのでした。

この「LIFE」1969年11月24日号を古本屋さんで見っけた時は、めっちゃ嬉しかったっす。
 
 
 
ポール・マッカートニーの死亡説、知らねーよって方はこちらをどうぞ↓
● ポール・マッカートニー>ポール死亡説
http://ja.wikipedia.org/wiki/ポール・マッカートニー#.E3.83.9D.E3.83.BC.E3.83.AB.E6.AD.BB.E4.BA.A1.E8.AA.AC



* ちなみに、この噂が世界を駆け巡っていた頃、ポールはスコットランドの農場にいました.
まだ公表されていませんでしたが、「アビイ・ロード」発売直前の1969年9月30日、ジョン・レノンの事実上の脱退表明でビートルズ解散が決定的になっていた頃の話です。大きなショックを受けたポールは引きこもってしまったのだそうです.

* 後年、ポールのライブアルバム「ポール・イズ・ライブ」のジャケットは、「ポール死亡説」(ポール・イズ・デッド)をネタに「アビイ・ロード」のジャケットのパロディ仕立てになっています. VWのナンバープレートは「IF28」(もしポールが生きていたら28歳)から、「51IS」(アルバムが発売された1993年のポールの年齢)に置き換えられています.

* 「LIFE」誌の表紙に写っているのは、この年結婚したリンダ夫人、その連れ子のヘザー、生まれたばかりのメアリー.
今や世界的な人気ファッションデザイナーとなったステラはまだ生まれていません.










f0038408_1019037.jpg

08
ビートルズ・ファンならあの横断歩道を歩いてみたいもの。
英国旅行ではもちろん聖地巡礼へまいりました。

ジョージ王朝スタイルのタウンハウス、アビイ・ロード・スタジオ。
その向かいには、これまたいかにも英国的な煉瓦造りのフラット(集合住宅)、
ゆったりとした美しい並木道がつづくアビイ・ロード、
くー、感動を胸に何回も横断歩道を渡ったのでした。

え、ジャケットとちょっと違うじゃないかって?
そうなんです、アルバム「アビイ・ロード」発売後はビートルズ・ファンや観光客が詰めかけ、
事故も多発したため、ビーコン付きのゼブラ・クロッシングとなりました=ほぼ現在の様子と同じだと思います。

そしてこの横断歩道、撮影から41年後の2010年12月、
英国政府により英国の文化的・歴史的遺産の指定を受けたのでした。
今や文化財であります、この横断歩道。

● Abbey Road Studios
http://www.abbeyroad.com/

トップメニューの「Crossing Webcam」でこの横断歩道をライブで見ることができます。
ちなみにカメラの方向はジャケットとは反対方向ですね。









f0038408_10194112.jpg

09
こちらのスリーブは、サヴィル・ロウにあるアップル・コアのあったビル。
このビルの屋上で映画「レット・イット・ビー」に出てくるルーフトップ・コンサートが行われたのでした。
事実上のビートルズ最後のライブ、1969年1月30日、寒い冬の日のことでありました。あぁ、涙が出そうだ。

サヴィル・ロウはオーダーメイドの名門紳士服店が集中している通りで、
日本語の「背広」の語源となった通りとしても有名です。
「アビイ・ロード」のジャケットでメンバーが着ているスーツ(3着/ジョン、リンゴ、ポール)は、
サヴィル・ロウの「ナッターズ・オブ・サヴィル・ロウ」(Nutters of Savile Row)で仕立てられたものです。

ちなみに、私は当時サヴィル・ロウにあった「アンダーソン&シェパード」(Anderson & Sheppard)にて、お世話になった方の依頼で大昔のオーダーブックを撮ってくるのですが、本当に指定した日付の顧客のオーダーブックがさっと出てきたので、びっくり。さすが英国だと感心したものです。

あぁ、懐かすうぃぃ。
秋の夜なべにライトボックスでポジ観賞、くー、沁みるね。



閑話休題









f0038408_4453299.jpg

10
ポートベローで手に入れたアビー・ロードのストリートサインのミニチュア(マグネットタイプ)。

「シティ・オブ・ウエストミンスター」は行政区名←知ってるよ!ごめんね。
「NW8」は郵便番号の上3ケタで、ロンドンのNorth, West(北西部)の8区という意味です。
「アビイ・ロード」の裏ジャケットで「N」の後に隠れているのは「W8」と続くわけですね。

ちなみに、アビイ・ロード・スタジオを気に入っていたポールは、
アビイ・ロード・スタジオの近くに引越し、使い慣れた第2スタジオ(Studio Two)と同じものを
自宅に作ってしまったそうです。









f0038408_4454222.jpg

11
ビートルズ・デビュー50周年を記念して特番です。
「マジカル・ミステリー・ツアー」がTV放送されます。

●フジテレビ「THE ROCK MOVIES」
10月14日(日)深夜25時35分〜28時00分
「マジカル・ミステリー・ツアー」(1967年/英BBC) 
「アリーナ:マジカル・ミステリー・ツアー リビジテッド」(新録ドキュメンタリー)









f0038408_4455276.jpg

12
写真は、サウンド・トラック・アルバム「マジカル・ミステリー・ツアー」の英国オリジナル2枚組EP盤の国内盤です。
アップルコア設立前の1967年12月8日発売(英国)ですが、デザインは異なるもののアップルマークが表記されているところが興味深いっすね。

プロデューサーのクレジットは「ビッグ・ジョージ・マーティン」とあります。
ビートルズのアルバムでこういう表記は珍しいなぁ。

これも古本屋さんで手に入れました。オリジナルのダブルEP盤の現物を見たのは初めてだったので感激でした。
ところが、レコードは入ってなくて、カバージャケットとブックレットのみなのでした。
レコードは米国キャピトル編集盤の国内盤LPを持っています。ジャケットや収録曲数が異なります。









f0038408_446366.jpg

13
「マジカル・ミステリー・ツアー」は、
「サージェント・ペパー」(1967年)と「ホワイト・アルバム」(1968年)の
間に出来ただけあって名曲揃いのアルバムなのでした。
映画の方は当時あまり評判がよくなかったそうですが、
今回のノーカット放送でじっくり観てみたいと思います。









f0038408_4461136.jpg

14
ビートルズを語り出すと長くなっちゃうね。









f0038408_4461987.jpg

15
おっと、そのまま歩くと、セント・ジョンズ・ウッド駅に行っちゃうよ^^;


* セント・ジョンズ・ウッド駅:アビイロード・スタジオの最寄りの地下鉄の駅. ちなみに、行きはダブルデッカーで、帰りは地下鉄でした.
 








追記:ミュージック・ライフ臨時増刊号「特集 ザ・ビートルズ」(1965)


f0038408_17141589.jpg

16
ビートルズ、デビュー50周年特番、NHK BS1スペシャル
地球テレビ エル・ムンド 「ビートルズを1000倍楽しもう」を観ていたら、
あらやだ、ポールが手にしているこの雑誌、持ってる持ってる。
これも古本屋さんで手に入れたのでした。

TVの画像は、元ミュージックライフ編集長・星加ルミ子さんが、
日本人として初めてビートルズにインタビューした時の写真です。
撮影は、当時ミュージックライフ専属の長谷部宏さん。
この取材で日本人として初めてビートルズを撮影したカメラマンとなりました。

このインタビューが行われたのも、EMIスタジオ(=アビイ・ロード・スタジオ)。
レコーディングが終わったところで、ジョージ・マーティンの顔も見えますね。
アポはブライアン・エプスタインだし、主要人物勢揃い、
すごいわ^^;

この時のインタビューの様子はこちらでどうぞ。星加さんが語っています↓
● MUSIC LIFE+ Vol.1 THE BEATLES archives「ミート・ザ・ビートルズ」
http://www.barks.jp/news/?id=1000082354

 
[PR]
by tolliano_papan | 2012-10-07 05:35 | ライフ | Comments(32)
Commented by y_and_r_d at 2012-10-07 07:12
こんにちは。
ビートルズ世代ではないのですが
やはり曲が流れてくるとついつい口ずさんでしまいます。
トップ画像、見事な合成です。
そして、アウトテイクス、ちゃんと保存しておくことにします。
Commented by masa at 2012-10-07 18:03 x
こんばんは^^

今回はビートルズ一色ですな^^
熱狂的なファンとまでは行かないけど、ビートルズはよく聴いてますよ。
中学1年の時だったかな、FMを聴いていてビートルズの音楽が流れてきて
すごい衝撃を受け、それからビートルズを聴き始めました。
そのときの曲は”She loves you”だったかな。
少し前にも娘が音楽のテストでギターの弾き語りがあって題目が”Let it be”。
前日にスパルタで教えました(笑)
最後は私がギターを弾いて娘が歌ってました。
ピアノで伴奏をと思ったけど、もう忘れてて弾けませんでした^^;
ビートルズを聴きながら、この記事を読んでコメントを書いてみました^^
Commented by tolliano_papan at 2012-10-07 20:14
 
★y_and_r_dさん
 
こんばんは。 私もレコードや書籍を集め始め
たのは解散後なんですけど、すっかりハマって
しまいました。アウトテイクス、こういうのた
まんないっすよね、落札価格は約200万円だそうです^^;
 
Commented by tolliano_papan at 2012-10-07 20:14
 
★masaさん
 
こんばんは。イェーイェーイェー♪ masaさ
んでしたか、難波のポール・マッカートニーと
呼ばれていたのは←なんのこっちゃ。ギターも
ピアノもとはさすがっすね。今夜も聴いてみたいと思いますぅ^^;
 
Commented by ゆうこりん at 2012-10-07 22:47 x
こんばんは♪
ビートルズお好きなんですね^^
私は昔ホームステイしてた先のイギリスの家族がビートルズ大ファンで、滞在中ずっとビートルズ聴いていたので、今でも曲を聴くとホームステイの時のことを思い出してしまい、むしょうに会いたくなってバイバイの時のさみしい気持ちを思い出すので聴けない局が多いです、大好きなのに^^;
Commented by tolliano_papan at 2012-10-08 05:51
 
★ゆうこりんさん
 
こんにちは。 英国にホームステイとは素晴ら
しすぎます!ビートルズ・ファンとしては夢の
よう♪ >さみしい気持ちを・・・ううう、な
んて感動的な話なんだ、今からオールマイラヴィング歌います^^;
 
Commented by my_studio at 2012-10-08 20:47
こんばんは~
ビートルズ、私たちの世代は
中学時代からすごく影響を受けてますね。
(永遠の20代には、ビートルズも永遠☆)

うちの次男がアビィ・ロードの横断歩道を
反対側から歩いて(右から)
知らない親切なおじさんが、もう一度左から一緒に歩いてくれました。
大股で、膝を伸ばしてね!^^

ロンドンオリンピックの開会式のポールも、まだ記憶に新しいですね。
Commented by alpinism2 at 2012-10-08 22:06
うわ~♪
今回はビートルズ一色の大作ですね(^^)

もちろん、私はリアルタイムには接していませんがねぇ。
昔のバイト先でずーっと有線でかかっていたので、自然と覚えていった感じです♪
また聞きたくなってきました(^^♪
Commented by tolliano_papan at 2012-10-09 06:06
 
★リズム*さん
 
おはようございます。 >ビートルズも永遠☆
・・・同感っす!若いときに影響や感銘受けた
ことって忘れないものですよね。>親切なおじ
さんが・・・英国って多いですよね、ありがたいことです。

ローマといえば、カラカラ浴場からアッピア街
道を郊外まで往復歩いたことがあります。海外
の文化や歴史を肌で感じるっていうのは貴重な
経験っすよね、息子さんも感じるものがいっぱいあったのでは^^;
 
Commented by tolliano_papan at 2012-10-09 06:07
 
★alpinismさん
 
おはようございます。 >リアルタイムには接
していません・・・alpinismさんも私もリバプ
ールのクオリー・バンク校でジョンと同期だっ
たじゃないですか、ってファンってこういうもんなんすよね^^;
 
Commented by ecran_pro at 2012-10-09 12:52
muu~~~~
このエントリー見ているだけで鼻血でるくらいコーフンしてきます!!

私はやっぱりなんたって
マジカル・ミステリー・ツアー最高です!!

muuu~~~
Commented by ちくりん at 2012-10-09 16:44 x
べべりんがあの横断歩道を歩いてる!

影まで上手く表現されていて全く違和感がありません。
嵐電の北野白梅町駅で驚いた以上のナイスな作品であります♪
Commented by tolliano_papan at 2012-10-09 21:29
 
★エクランさん
 
こんばんは。 ロラー、ロラップザミステリト
ゥワー、歌ってみました♪ しまった!また鼻
血だしちゃったかな、てへ。まもなく放映され
る完全ノーカット版、楽しみっすよね。おまけもついてるようです^^;
 
Commented by tolliano_papan at 2012-10-09 21:29
 
★ちくりんさん
 
こんばんは。 ありがとさんです^^; 影は、最
初撮影時の実際の影を切抜いて合成してみたん
ですけど、イマイチ不自然だったので人物の切
抜きをベタ塗りで影を作って変形させてみました。合成は楽しいっす^^;
 
Commented by sara at 2012-10-09 23:14 x
こんばんは。べべりんちゃんのアビーロード、元気いっぱいで素敵ですっ! (*^-^*)
ビートルズは、やっぱり解散の頃でしたけど、いろいろ聴いたり歌ったりしてましたっ♪
熱狂的なファンでは無いけれど、ジョンが亡くなった日の事は、今でもはっきり覚えています。
ポールのコンサートは二回行きましたけど、ジョンを観る事は出来なくて、やっぱり残念です。
ビートルズ、レコードデビュー50周年。リンダも亡くなってしまったし、いろいろ有りましたね〜。

さて、例のプリンターの件、連絡が届きました。ブログに詳細を載せましたのでご覧下さいね。
是非、ご応募してみて下さいませっ☆ 締め切りは、22日ですので、お早めにどうぞ〜。(^^)
Commented by きよ at 2012-10-09 23:27 x
LET IT BEといえば、あの日本映画を思い出します。好きな曲はミッシェル。フランス語がお洒落で、切ない曲が大好きです。
知人にビートルズのコピーバンドをしている人がいて、彼はもうすっごいジョンのファンで …イギリスでジョンの縁の地を巡った事を話してくれました。
彼の家はジョンの育ったおばさんの家をそのまま再現したようです。
パパさんとも話が盛り上がりそう!
ローマのアッピア街道といえば、レスピーギのローマ三部作が浮かんできます。
Commented by きよ at 2012-10-09 23:41 x
そういえばジョン繋がりで、以前住んでいた藤沢の辻堂にはオノヨーコさんの実家があって、お化け屋敷とか言われてたのを思い出しました!素敵な洋館だったからでしょうけれど。
Commented by tolliano_papan at 2012-10-10 17:06
 
★saraさん
 
こんにちは。 >ポールのコンサートは二回行
きましたけど・・・ま、まじっすか!すごい!
ビートルズって楽曲の素晴らしさに加えてカル
チャー的な功績も大きくて永遠の憧れを感じちゃいます。

saraさんの応募フォームから応募させていただ
きました! うまくいくといいですが、ひー。
ありがとさんです^^;
 
Commented by tolliano_papan at 2012-10-10 17:06
 
★きよさん
 
こんにちは。 ミッシェール、マベル~♪ 歌
ってみましたん♪沁みるわ~。すごいファンの
方なんですね、リバプールまで聖地巡礼!ペニ
ーレインなんかもう涙なしには聴けないでしょう。

>レスピーギのローマ三部作・・・ひゃ~、す
ごい!アッピア街道沿いの「ローマの松」が印象的でした^^;
 
Commented by tolliano_papan at 2012-10-10 17:07
 
★きよさん
 
こんにちは。 >藤沢の辻堂には・・・ひょっ
としてけっこうビートルズマニア度、高かった
りして!嬉しいっす♪ オノヨーコさん、当初
パッシングがすごかったですけど、歴史に名を残しますね^^;
 
Commented by papacamera at 2012-10-11 19:04
ビートルズ、永遠ですね~
いろいろ聞いても結局ここに戻ってきてしまいます。

マジカルミステリーツアー、僕は好きでしたよ。
なにせ、あの名曲がずっとかかりっぱなし。
もうそれだけで幸せです。

映画として酷評でしたが、今やMTVの原型として再評価が高い作品。
あ~音がいいシアタールームで観たいものです。
Commented by tolliano_papan at 2012-10-12 05:48
 
★papacameraさん
 
こんにちは。 マジカルミステリーツアー、ボ
クも大好きっす。このアルバムってサージェン
ト・ペパーとホワイトアルバムの間なんすけど、
めっちゃ懐かしくて切なくなる曲が満載っすよね♪

>シアタールームで観たいものです・・・激しく同感っす^^;
 
Commented by kei-kana38 at 2012-10-13 16:00
こんにちは~。
tollianoさんがどれだけビートルズが好きか伝わってきました。
うちの主人もビートルズが大好きで、車の中でよく聞いていたら、
娘もビートルズが好きになりました。
娘はポールのファン。
ロンドンオリンピックの開会式はとっても喜んでいましたよ~。
Commented by tolliano_papan at 2012-10-13 17:26
 
★kei-kanaさん
 
こんにちは。 >娘はポールのファン・・・わ
ー、すごい!パパさんも嬉しいでしょうね。う
っとこのぼんにも、いっぱい聴かそうと思って
ます。ロンドン・オリンピックの開会式、感動
でしたね。ポールの衣装は娘ステラのデザインだそうです^^;
 
Commented by maison_de_clair at 2012-10-14 22:40
こんばんわ。
ベベリン氏のアビーロード、繊細作業、素晴らしいですよ。
つい先日テレビでここでの観光者の記念撮影の様子があってたので、
実際に撮影されたのかと勘違いしましたよ。

ビートルズに対しての気持ちのはいり方がちゃいますね~!
思わず引き込まれて、ドキュメンタリー見てるようでした。
Commented by tolliano_papan at 2012-10-15 04:46
 
★maison_de_clairさん
 
おはようございます。 ベベリンの合成カット
は、レンズの画角から太陽の位置(結局、影は
フォトショで作っちゃいましたけど)まで、元
写真をようく見て撮影しました。煉瓦の壁の前
で裏ジャケ用の写真も撮ったんすよ^^;
 
Commented by fran at 2012-10-16 03:56 x
驚きです! こんなにも! そして知らなかったエピソートもいっぱい教えていただいて
嬉しいです(^^♪

私もビートルズが大好きです!!
来日した頃は、ほんの子供でしたが

記憶があるんですよ。
家族が寝静まった夜(その頃の我が家は就寝が8時と決まっていた。)
トイレに起きると、暗いリビングにテレビだけがついて父が一人で見ていました。
私は父の横に座って見る事にしたのです。

ロック・アンド・ロール・ミュージックを耳にすると今でも血が騒ぎます(爆)
ジョンの声が好きなんです♪
Commented by tolliano_papan at 2012-10-16 06:06
 
★franさん
 
おはようございます。 >父が一人で見ていま
した・・・ひゃ〜、すごい!そういう思い出、
生々しくてめっちゃ羨ましいです!1966年7月
1日の夜9時っすね。ちなみに視聴率は前代未聞
の56.5%だったそうです。YouTubeでその時の
演奏がフルで観られますよ。E・H・エリック氏も若おうおす^^;

The Beatles - Live in Japan 1966 [HQ]
http://www.youtube.com/watch?v=qlRGleqYJBk
 
Commented by precious_m at 2012-10-16 12:02
こんにちわ。
ビートルズ、よくわからないのでコチラで知ることが出来て良かったです。
このアルバムだけ持っていて、何度も聞きました。
最後だったんですね。
Commented by tolliano_papan at 2012-10-17 00:40
 
★MACHI*さん
 
こんばんは。 翌年レット・イット・ビーが発売
されるんですけど、ラスト・レコーディングのア
ビイ・ロード、世界的大ヒットでビートルズのア
ルバムの中でも一番売れたました。記録にも記憶にも残る名作っすね^^;
 
Commented by LEFTEYEZ at 2012-10-17 15:12
アビィロードの横断歩道。
昨年?無くしちゃおうかっていう話にならなかったっけ?
ファンでない私にとっても「そりゃないんじゃないの?」という感じだったけど、
やっぱり事なきを得たみたい。

ビートルズ、昔はむしろ嫌いだったのに、
曲がかかると歌える自分がいて、
やっぱり偉大だなぁと感じ、
今は結構好きなのでありまーす。 saori
Commented by tolliano_papan at 2012-10-17 18:47
 
★saoriさん
 
こんにちは。 >昨年?無くしちゃおうかって
いう話に・・・え、そういう話あったんだ!そ
れ初耳っす、ちょっとびっくり。40年以上前
のアルバムなのに聴く度に新鮮だったり聴き慣
れた心地良さだったりして、やっぱ名作は永遠不滅でござんすね^^;
 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< フィニアスとファーブのバンドエイド TDS 2012 episod... >>